6753 シャープ

【臨時報告書】2016/02/04 15:00提出

提出理由close

当社は、平成28年2月4日開催の取締役会において、設備投資を行うことを決議いたしました。これに伴い当社及び連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生したため、金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号及び第19号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象close

(1)当該事象の発生年月日
平成28年2月4日(取締役会決議日)
(2)当該事象の内容
平成28年2月4日開催の取締役会において、次のとおり設備投資を行うことについて決議しました。
a)設備投資の理由
テレビ用及びスマートフォン用液晶パネル市場の需給バランス悪化・売価下落を受け、当社はPC・タブレット等の中型分野へのカテゴリーシフトを進めております。この中で、高精細・狭額縁・低消費電力等の中小型分野で求められる高付加価値パネルの生産能力を拡大し、亀山第2工場の収益力改善を図るものです。
b)設備投資の内容
所 在 地三重県亀山市白木町幸川464番
用 途中小型液晶パネルの生産能力並びに性能向上のための設備一式
投 資 予 定 額約112億円

c)稼動予定日
平成29年1月(予定)
(3)当該事象の損益に与える影響
当設備投資の展開により、亀山第2工場の収益力向上が見込まれますが、平成28年3月期連結業績に与える影響はありません。また、投資回収は2年を目指しております。
以 上

Page Top

当サイトが提供する情報は証券投資の勧誘を意図するものではありません。
当サイトを利用しての情報収集・投資判断は皆様の自己責任により行われますようお願い致します。
掲載内容への改善要望、間違いの指摘などがありましたら、ご意見フォームからお聞かせください。