6753 シャープ

資料
有報資料
臨時報告書
Link
CSV,JSON

臨時報告書

【提出】
2018/12/26 16:44
【資料】
PDFをみる

提出理由

当社は、本日開催の取締役会において、2019年4月1日を効力発生日として、当社の完全子会社であるシャープトレーディング株式会社(以下、「STC社」といいます。)を吸収合併(以下、「本合併」といいます。)することとし、同社と吸収合併契約を締結することを決議いたしましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第7号の3の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

吸収合併の決定

(1)当該吸収合併の相手会社に関する事項
① 商号、本店の所在地、代表者の氏名、資本金の額、純資産の額、総資産の額及び事業の内容
商号シャープトレーディング株式会社
本店の所在地堺市堺区匠町1番地
代表者の氏名斎藤 充弘
資本金の額  93.9百万円(2018年3月31日現在)
純資産の額10,676百万円(2018年3月31日現在)
総資産の額24,330百万円(2018年3月31日現在)
事業の内容機械器具等の輸入及び販売

② 最近3年間に終了した各事業年度の売上高、営業利益、経常利益及び純利益
2016年3月期2017年3月期2018年3月期
売上高315,959百万円241,136百万円303,803百万円
営業利益3,463百万円2,548百万円3,408百万円
経常利益1,969百万円2,203百万円3,101百万円
純利益1,315百万円1,435百万円2,019百万円

③ 大株主の名称及び発行済株式の総数に占める大株主の持株数の割合
シャープ株式会社 100%
④ 提出会社との間の資本関係、人的関係、取引関係
資本関係同社は当社の完全子会社です。
人的関係当社は同社に対して取締役を派遣しております。
取引関係当社は同社から材料・部品・製品等を購入しております。

(2)当該吸収合併の目的
当社は、企業価値向上に向け、構造改革を継続しつつ、事業ビジョン「8KとAIoTで世界を変える」を実現する企業へのトランスフォーメーションを進めております。
かかる中、構造改革の一環として、当社の子会社として機械器具等の輸入などを担うSTC社を吸収合併し、輸入プロセスを簡素化・効率化することといたしました。
(3)当該吸収合併の方法、吸収合併に係る割当ての内容その他の吸収合併契約の内容
① 合併の方法
当社を存続会社、STC社を消滅会社とする吸収合併によります。
なお、この吸収合併は、当社においては会社法第796条第2項に定める簡易合併に該当し、STC社においては同法第784条第1項に定める略式合併に該当するため、当社及びSTC社において合併契約の承認に関する株主総会を経ずに行う予定です。
② 吸収合併に係る割当ての内容
本合併は、当社の完全子会社との吸収合併であるため、本合併によるSTC社の株式に代わる金銭等の交付はありません。また、当社の新株式の発行及び資本金の増加はありません。
③ その他の吸収合併契約の内容
合併決議取締役会           2018年12月26日
合併契約締結日             2018年12月26日
合併期日(効力発生日)     2019年4月1日
(4)吸収合併に係る割当ての内容の算定根拠
吸収合併に際して新株式の発行、新株式の割当ては行わないため、該当事項はありません。
(5)当該吸収合併後の吸収合併存続会社となる会社の商号、本店の所在地、代表者の氏名、資本金又は出資金の額、純資産の額、総資産の額及び事業の内容
商号シャープ株式会社
本店の所在地堺市堺区匠町1番地
代表者の氏名戴正呉
資本金の額5,000百万円
純資産の額401,713百万円
総資産の額1,908,461百万円
事業の内容電子通信機器・電気機器及び電子応用機器全般・電子部品の製造・販売等

以 上