6753 シャープ

有価証券報告書-第123期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

【提出】
2017/06/21 15:07
【資料】
PDFをみる
【項目】
139項目

設備の状況(設備投資・新設等)

当社グループにおける当連結会計年度の設備投資については、有機ELディスプレイのパイロットラインなど、総額77,733百万円の設備投資を行いました。
なお、セグメントごとの設備投資について示すと次のとおりであります。
IoT通信については1,411百万円、健康・環境システムについては3,966百万円、ビジネスソリューションについては3,835百万円、カメラモジュールについては8,735百万円及び電子デバイスについては9,903百万円並びにエネルギーソリューションについては403百万円の投資を行いました。これらは生産自動化設備の更新・増強等によるものであります。
ディスプレイデバイスについては34,900百万円の投資を行いました。これは有機ELディスプレイのパイロットライン及び中小型液晶関連設備を中心とする生産設備の拡充及び増強等によるものであります。
全社(共通)については、主に当社の研究開発部門及び本社部門へ14,577百万円の投資を行いました。これは、前連結会計年度に譲渡した田辺ビルの買い戻し等によるものであります。