有価証券報告書-第55期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

【提出】
2016/06/23 15:31
【資料】
PDFをみる
【項目】
104項目

業績等の概要

(1)業績
当連結会計年度のわが国経済は、新興国経済の減速や原油安の影響等により先行きの不透明感が強まったものの政府による経済政策の効果により企業収益や雇用情勢が改善する等、緩やかな回復基調で推移しました。
当社グループの主要取引先企業の多くが属する半導体業界や半導体製造装置業界では、一時的な投資抑制はあったものの、全般的には、半導体メーカーによるスマートフォン等の多機能携帯端末用半導体の増産投資や先端技術への積極的な設備投資のほか、データセンター向け半導体需要の拡大に伴う設備投資やイメージセンサー事業への設備投資等により、半導体製造装置メーカーの受注は概ね堅調に推移しました。
また、FPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置業界では、モバイル用途の中小型パネル向けの設備投資に減速が見られたものの、中国を中心に大型液晶パネル向け設備投資が拡大したことから、FPD製造装置メーカーの受注は概ね堅調に推移しました。
このような環境のなかで、当社グループは、製品コストの競争力強化のほか、高い品質力や技術力の向上を目指し、総合的ソリューションの確立をはじめ、新規市場の開拓、既存取引先への取引強化、並びに新商品の開発を進めてまいりました。
この結果、当連結会計年度の売上高は、主要取引先である半導体製造装置メーカーからの受注が通期にわたって堅調に推移したことから、195億31百万円(前連結会計年度比10.2%増)となりました。損益面では、営業強化に伴う販売費及び一般管理費の増加があったものの、売上高の増加による利益の増加や原価改善が進んだこと等により、営業利益6億14百万円(前連結会計年度比31.3%増)、経常利益5億84百万円(前連結会計年度比38.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4億44百万円(前連結会計年度比19.3%増)となりました。
なお、セグメントの業績は次のとおりであります。
<販売事業>半導体・FPD製造装置等の各種コンポーネンツ(部品)及び同装置等の販売事業の売上高は、主要取引先である半導体製造装置メーカーからの受注が通期にわたって堅調に推移したことから、182億49百万円(前連結会計年度比10.4%増)となりました。損益面では、営業強化に伴う販売費及び一般管理費の増加があったものの、原価改善が進んだこと、また、売上高の増加による利益の増加により、セグメント利益4億71百万円(前連結会計年度比40.3%増)となりました。
<受託製造事業>半導体・FPD製造装置等の組立及び保守メンテナンス等の受託製造事業の売上高は、主要取引先である半導体製造装置メーカーからの受注が通期にわたって堅調に推移したことから、売上高24億94百万円(前連結会計年度比16.6%増)となりました。損益面では、売上高の増加による利益の増加のほか、原価改善により、セグメント利益は1億14百万円(前連結会計年度比10.6%増)となりました。
なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
(2)キャッシュ・フロー
当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税金等調整前当期純利益の増加要因がありましたが、売上債権の増加、仕入債務の減少、長期借入金の純減額や社債の純減額等の減少要因により前連結会計年度末に比べ4億69百万円(前連結会計年度は5億9百万の増加)減少し、当期連結会計年度末には26億38百万円となりました。
当連結会計年度における各キャシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果獲得した資金は12百万円(前連結会計年度は5億47百万円の獲得)となりました。この主な要因は、税金等調整前純利益5億83百万円の増加要因に対し、売上債権の増加額3億41百万円、仕入債務の減少額1億92百万円の減少要因によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果獲得した資金は12百万円(前連結会計年度は1億31百万円の使用)となりました。この主な要因は、定期預金の払戻による収入1億40百万の増加要因に対し、定期預金の預入による支出88百万円、有形固定資産の取得による支出45百万円の減少要因によるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は4億89百万円(前連結会計年度98百万円の獲得)となりました。この主な要因は、長期借入金の純減少額3億70百万円及び社債の純減少額80百万円の減少要因によるものであります。