8411 みずほ FG

8411
2021/01/27
時価
3兆5346億円
PER 予
10.08倍
2010年以降
4.74-53.85倍
(2010-2020年)
PBR
0.4倍
2010年以降
0.32-1.21倍
(2010-2020年)
配当 予
2.96%
ROE 予
3.98%
ROA 予
0.16%
資料
Link
CSV,JSON

法人税

【期間】

連結

2008年3月31日
322億1200万
2009年3月31日 +49.78%
482億4700万
2010年3月31日 -47.66%
252億5300万
2011年3月31日 -27.39%
183億3600万
2012年3月31日 +201.77%
553億3200万
2013年3月31日 +16.68%
645億5900万
2014年3月31日 +120.94%
1426億3900万
2015年3月31日 +82.47%
2602億6800万
2016年3月31日 -16.87%
2163億5400万
2017年3月31日 -7.65%
1997億9400万
2018年3月31日 -4.82%
1901億5800万
2019年3月31日 -15.14%
1613億7600万
2020年3月31日 -6.99%
1500億8800万

個別

2008年3月31日
1100万
2009年3月31日 -45.45%
600万
2010年3月31日 -33.33%
400万
2011年3月31日 +999.99%
6300万
2012年3月31日 +123.81%
1億4100万
2013年3月31日 +60.28%
2億2600万
2014年3月31日 +27.43%
2億8800万
2015年3月31日 +12.85%
3億2500万
2016年3月31日 +2.77%
3億3400万
2017年3月31日 +55.39%
5億1900万
2018年3月31日 +337.76%
22億7200万
2019年3月31日 +894.98%
226億600万
2020年3月31日 -99.87%
2900万

有報情報

#1 税効果会計関係、財務諸表(連結)
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主な項目別の内訳
2020/06/26 13:30
#2 税効果会計関係、連結財務諸表(連結)
(*)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
2.連結財務諸表提出会社の法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主な項目別の内訳
2020/06/26 13:30
#3 貸出金のうち破綻先債権及び延滞債権に関する注記、銀行業(連結)
なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下「未収利息不計上貸出金」という)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
2020/06/26 13:30