有価証券報告書-第18期(平成25年4月1日-平成26年3月31日)

【提出】
2014/06/27 14:13
【資料】
PDFをみる
【項目】
107項目
(4)重要な収益及び費用の計上基準
通信時間付モバイルツールであるbモバイルと機器組込型通信ソリューションの通信電池については、商品売上額を通信端末部分と通信料部分に合理的に区分することが困難なため、通信端末と通信料とを区別することなく一括で出荷時に売上に計上し、この売上高から通信端末の売上原価を控除して計算される売上総利益金額を見積利用期間にわたって計上するために、通信サービス繰延利益額に繰り延べる方法によっています。
  • 有価証券報告書-第18期(平成25年4月1日-平成26年3月31日)