2158 FRONTEO

【期間】

税引前当期純利益の推移(通期)close#1 #2 #3

連結

2008/03/31
1億672万円
2009/03/31
-9150万円
2010/03/31 -414.5%
-4億7076万円
2011/03/31
10億1140万円
2012/03/31 +126.05%
22億8624万円
2013/03/31 -61.84%
8億7241万円
2014/03/31
-6億6475万円
2015/03/31
4億3406万円
2016/03/31
-891万円
2017/03/31 -999.99%
-13億7086万円

単体

2008/03/31
6948万円
2009/03/31
-8491万円
2010/03/31 -437.7%
-4億5659万円
2011/03/31
10億1160万円
2012/03/31 +119.35%
22億1898万円
2013/03/31 -63.84%
8億231万円
2014/03/31
-6億4743万円
2015/03/31
4億6516万円
2016/03/31 -61%
1億8139万円
2017/03/31 -96.44%
645万円

備考close

#1 会計上の見積りの変更、財務諸表(連結)
ました。
これにより、従来の方法に比べて、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ9,344千円
減少しております。☜2017/06/30 16:01
#2 税効果会計関係、財務諸表(連結)
(注) 前事業年度は、税引前当期純損失を計上したため記載を省略しております。
3.法人税の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正☜2015/06/26 16:02
#3 企業結合等関係、連結財務諸表(連結)
6.企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結損益計算書に及ぼす影響の概算額及び概算額の算定方法
売上高1,330,741千円
営業利益(△損失)△96,140千円
税引前当期純利益(△損失)△97,211千円
影響の概算額については、TechLaw Solutions,Inc. の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの売上高及び損益情報を基礎とし、のれんの償却額は企業結合時に認識されたのれんが当連結会計年度の開始の日に発生したものとして算定しております。なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
共通支配下の取引等☜2015/06/26 16:02

Page Top

当サイトが提供する情報は証券投資の勧誘を意図するものではありません。
当サイトを利用しての情報収集・投資判断は皆様の自己責任により行われますようお願い致します。
掲載内容への改善要望、間違いの指摘などがありましたら、ご意見フォームからお聞かせください。