訂正有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第11期(平成30年2月21日-平成30年8月20日)

【提出】
2018/12/06 10:07
【資料】
PDFをみる
【項目】
52項目
(1)資本金の額
2018年9月末日現在:2億円
委託会社が発行する株式の総数:10,000株
発行済株式総数:800株
最近5年間における資本金の額の増減はありません。
(2)委託会社の機構
① 経営の意思決定機構
株主総会で選任された取締役および監査役で構成される取締役会が設置されています。取締役会は、委託会社の業務執行の基本方針を含む企業運営方針を決定し、取締役の職務の執行を監督します。また、取締役会の定めた経営方針・経営計画に基づく業務執行の意思決定(取締役会の専権事項を除く。)を行う機関として、取締役会で選任された経営会議メンバーで構成される経営会議が設置されています。代表取締役は経営会議メンバーの業務を統括し、指揮監督します。
② 投資運用の意思決定機構
運用部門、プロダクト部門およびコンプライアンス部門の代表者を主要メンバーとして構成される投資政策委員会において、投資政策の審議・決定ならびにその運用の成果および投資政策との関連での妥当性を分析します。投資政策委員会において決定された信託財産の投資政策に基づき、運用部門が運用の指図を行います。運用の指図に関する権限を外部の投資顧問会社に委託することまたは外部の投資顧問会社からの助言を受けることがあります。