マーケット情報

4668 明光ネットワークジャパン、第3四半期の経常利益は60.1%減の7億5700万円で着地、通期予想は13億9000万円

4668 明光ネットワークジャパン(証券コード4668)が7月11日(16:30)に平成30年8月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)を発表。2018年5月期における第3四半期の連結売上高は135億7300万円で前期比3.25%減となり、経常利益は60.1%減の7億5700万円で着地、売上高営業利益率は前年同期の12.43%から4.89%と大幅に悪化した。同社は通期業績を売上高191億2000万円、経常利益13億9000万円と予想しており、第3四半期までの経常利益の進捗率は54.46%となった。
また、期末の配当を21円と予想。これを受けて年間の配当予想は42円となった。

損益計算書(連結)

9ヶ月(2016/09/01~2017/05/31)

売上高 
140億2874万
営業利益 
17億4358万
経常利益 
18億9734万
純利(株主帰属) 
14億5800万
親会社株主に係る包括利益 
16億5590万

9ヶ月(2017/09/01~2018/05/31)

売上高 -3.25%
135億7300万
営業利益 -61.92%
6億6400万
経常利益 -60.1%
7億5700万
純利(株主帰属) -81.28%
2億7300万
親会社株主に係る包括利益 -50.72%
8億1604万

12ヶ月(2017/09/01~2018/08/31)

売上高 
191億2000万
営業利益 
12億8000万
経常利益 
13億9000万
純利(株主帰属) 
7億3000万

配当(個別)

12ヶ月(2016/09/01~2017/08/31)

第2四半期末 
20円
期末 
20円
合計 
40円

12ヶ月(2017/09/01~2018/08/31)

第2四半期末 実績
21円
期末 
21円
合計 
42円