マーケット情報

2215 第一屋製パン、通期の経常利益を-2億円に下方修正、一転して赤字転落の見通し

2215 第一屋製パン(証券コード2215)が8月10日(16:00)に業績予想の修正に関するお知らせを発表。2018年12月期における通期の連結売上高を前回予想の265億円から4.53%減の253億円に、経常利益を2億円の黒字予想から一転して2億円の赤字に下方修正。今回の業績予想の修正で対前年同期比では、売上高4.89%減、経常利益は前期8400万円の黒字から落ち込んで赤字転落の見通しとなった。

損益計算書(連結)

12ヶ月(2017/01/01~2017/12/31)

売上高 
266億200万
営業利益 
-4100万
経常利益 
8400万
当期純利益 
5700万

業績予想の修正(連結)

12ヶ月(2018/01/01~2018/12/31)

売上高 予(前)
265億
売上高 
253億
営業利益 予(前)
1億
営業利益 
-3億4000万
経常利益 予(前)
2億
経常利益 
-2億
当期純利益 予(前)
7000万
当期純利益 
-2億7000万