DCダイワ日本債券インデックス

有報資料
49項目

    有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第13期(平成26年12月2日-平成27年11月30日)

    【提出】
    2016/02/22 9:40
    【資料】
    PDFをみる
    【項目】
    49項目
    (1) 【ファンドの目的及び基本的性格】
    当ファンドは、投資成果をダイワ・ボンド・インデックス(DBI)総合指数の動きに連動させることをめざして運用を行ないます。一般社団法人投資信託協会による商品分類・属性区分は、次のとおりです。
    商品分類単位型投信・追加型投信追加型投信
    投資対象地域国内
    投資対象資産(収益の源泉)債券
    補足分類インデックス型
    属性区分投資対象資産その他資産(投資信託証券(債券 一般))
    決算頻度年1回
    投資対象地域日本
    投資形態ファミリーファンド
    対象インデックスその他の指数(DBI総合指数)
    (注1)商品分類の定義
    ・「追加型投信」…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来の信託財産とともに運用されるファンド
    ・「国内」…目論見書または投資信託約款(以下「目論見書等」といいます。)において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるもの
    ・「債券」…目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるもの
    ・「インデックス型」…目論見書等において、各種指数に連動する運用成果をめざす旨の記載があるもの
    (注2)属性区分の定義
    ・「その他資産」…組入れている資産
    ・「債券 一般」…公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのもの
    ・「年1回」…目論見書等において、年1回決算する旨の記載があるもの
    ・「日本」…目論見書等において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
    ・「ファミリーファンド」…目論見書等において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投資するもの
    ・「その他の指数」…日経225、TOPIXにあてはまらないすべてのもの
    ※商品分類・属性区分の定義について、くわしくは、一般社団法人投資信託協会のホームページ(アドレス http://www.toushin.or.jp/)をご参照下さい。
    <信託金の限度額>・委託会社は、受託会社と合意のうえ、1,000億円を限度として信託金を追加することができます。
    ・委託会社は、受託会社と合意のうえ、限度額を変更することができます。
    <ファンドの特色>