JPMジャパン・ディスカバリー・ファンド

有報資料
46項目

    有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第11期(平成25年8月29日-平成26年8月28日)

    【提出】
    2014/11/27 9:09
    【資料】
    PDFをみる
    【項目】
    46項目
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
    (1)受託会社
    ① 名 称 三菱UFJ信託銀行株式会社
    ② 資本金の額 324,279百万円(平成26年3月末現在)
    ③ 事業の内容
    銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を営んでいます。
    <再信託受託会社の概要>
    名 称:日本マスタートラスト信託銀行株式会社
    事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を営んでいます。
    再信託の目的:原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託受託会社(日本マスタートラスト信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財産のすべてを再信託受託会社へ移管することを目的とします。

    (2)販売会社
    名 称資本金の額
    (平成26年3月末現在)
    事業の内容
    1株式会社SBI証券*47,937百万円金融商品取引法に定める第一種金融商品取引業を営んでいます。
    2エース証券株式会社*8,831百万円同 上
    3楽天証券株式会社*7,495百万円同 上
    4SMBC日興証券株式会社10,000百万円同 上

    * 募集の取扱い以外の業務を行っています。
    2【関係業務の概要】
    (1)受託会社
    当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理業務および信託財産の計算等を行います。
    (2)販売会社
    当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、目論見書の交付、運用報告書(平成26年12月1日以降は、運用報告書に記載すべき事項のうち重要な事項のみを記載した交付運用報告書)の交付代行、収益分配金の再投資に関する事務、一部解約金・収益分配金*・償還金の支払等を行います。
    * 販売会社にて所定の手続きをとった場合に限ります。
    3【資本関係】
    受託会社と販売会社との間に直接的な資本関係はありません。