eMAXISバランス(8資産均等型)

有報資料
46項目

    有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第3期(平成25年1月29日-平成26年1月27日)

    【提出】
    2014/04/25 9:54
    【資料】
    PDFをみる
    【項目】
    46項目
    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
    当ファンドは、東証株価指数(TOPIX)、MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)、MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)、NOMURA-BPI総合、シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)、JPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)、東証REIT指数(配当込み)およびS&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)を12.5%ずつ組み合わせた合成ベンチマークと連動する投資成果をめざして運用を行います。
    信託金の限度額は、5,000億円です。
    当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品の分類方法において、以下の商品分類および属性区分に該当します。
    商品分類表
    単位型・追加型投資対象地域投資対象資産
    (収益の源泉)
    独立区分補足分類
    株式
    国内MMF
    単位型債券インデックス型
    海外不動産投信MRF
    追加型その他資産特殊型
    内外( )ETF( )
    資産複合

    属性区分表
    投資対象資産決算頻度投資対象地域投資形態為替
    ヘッジ
    対象
    インデックス
    特殊型
    株式年1回グローバルファミリーあり日経225ブル・ベア型
    一般年2回(日本を含む)ファンド( )
    大型株年4回日本TOPIX条件付運用型
    中小型株年6回北米ファンド・なし
    債券(隔月)欧州オブ・その他ロング・
    一般年12回アジアファンズ(合成ベンチ
    マーク)
    ショート型/
    公債(毎月)オセアニア絶対収益
    社債日々中南米追求型
    その他債券その他アフリカ
    クレジット( )中近東その他
    属性(中東)( )
    ( )エマージング
    不動産投信
    その他資産
    (投資信託証券(資産複合(株式、債券、不動産投信)))
    資産複合
    ( )

    ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。
    ※ファミリーファンド、ファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投資収益の源泉となる資産に投資しますので商品分類表と属性区分表の投資対象資産は異なります。
    ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しています。
    商品分類の定義
    単位型・
    追加型
    単位型当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドをいいます。
    追加型一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
    投資対象
    地域
    国内信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    海外信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    内外信託約款において、国内および海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    投資対象
    資産
    株式信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    債券信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    不動産投信(リート)信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資信託の受益証券および不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    その他資産信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式、債券および不動産投信以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    資産複合信託約款において、株式、債券、不動産投信およびその他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    独立区分MMF(マネー・マネージメント・ファンド)一般社団法人投資信託協会が定める「MMF等の運営に関する規則」に規定するMMFをいいます。
    MRF(マネー・リザーブ・ファンド)一般社団法人投資信託協会が定める「MMF等の運営に関する規則」に規定するMRFをいいます。
    ETF投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号および第2号に規定する証券投資信託ならびに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいいます。
    補足分類インデックス型信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨またはそれに準じる記載があるものをいいます。
    特殊型信託約款において、投資家(受益者)に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいいます。
    ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。
    属性区分の定義
    投資対象
    資産
    株式一般次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいいます。
    大型株信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいいます。
    中小型株信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいいます。
    債券一般次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいいます。
    公債信託約款において、日本国または各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含みます。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいいます。
    社債信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをいいます。
    その他債券信託約款において、公債または社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるものをいいます。
    クレジット
    属性
    目論見書または信託約款において、信用力が高い債券に選別して投資する、あるいは投資適格債(BBB格相当以上)を投資対象の範囲とする旨の記載があるものについて高格付債、ハイイールド債等(BB格相当以下)を主要投資対象とする旨の記載があるものについて低格付債を債券の属性として併記します。
    不動産投信信託約款において、主として不動産投信に投資する旨の記載があるものをいいます。
    その他資産信託約款において、主として株式、債券および不動産投信以外に投資する旨の記載があるものをいいます。
    資産複合信託約款において、複数資産を投資対象とする旨の記載があるものをいいます。
    決算頻度年1回信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいいます。
    年2回信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいいます。
    年4回信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいいます。
    年6回(隔月)信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいいます。
    年12回(毎月)信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいいます。
    日々信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいいます。
    その他上記属性にあてはまらない全てのものをいいます。
    投資対象
    地域
    グローバル信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    日本信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    北米信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    欧州信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    アジア信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    オセアニア信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    中南米信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    アフリカ信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    中近東(中東)信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    エマージング信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地域))の資産(一部組み入れている場合等を除きます。)を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    投資形態ファミリーファンド信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるものを除きます。)を投資対象として投資するものをいいます。
    ファンド・オブ・
    ファンズ
    一般社団法人投資信託協会が定める「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをいいます。
    為替ヘッジあり信託約款において、為替のフルヘッジまたは一部の資産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいいます。
    なし信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいいます。
    対象インデックス日経225信託約款において、日経225に連動する運用成果を目指す旨またはそれに準じる記載があるものをいいます。
    TOPIX信託約款において、TOPIXに連動する運用成果を目指す旨またはそれに準じる記載があるものをいいます。
    その他信託約款において、上記以外の指数に連動する運用成果を目指す旨またはそれに準じる記載があるものをいいます。
    特殊型ブル・ベア型信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとともに各種指数・資産等への連動もしくは逆連動(一定倍の連動もしくは逆連動を含みます。)を目指す旨の記載があるものをいいます。
    条件付運用型信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいいます。
    ロング・ショート型/絶対収益追求型信託約款において、ロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨もしくは特定の市場に左右されにくい収益の追求を目指す旨の記載があるものをいいます。
    その他信託約款において、上記特殊型に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいいます。
    ※上記定義は一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。
    [ファンドの目的・特色]


    市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。