有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第6期(平成30年3月20日-平成30年9月18日)

【提出】
2018/12/13 9:08
【資料】
PDFをみる
【項目】
49項目
(1)【資産の評価】
イ 基準価額の算出方法
基準価額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます(基準価額は、便宜上1万口単位で表示される場合があります。)。
なお、外貨建資産の円換算については、原則として日本における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算するものとし、予約為替の評価は、原則として日本における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
ロ 基準価額の算出頻度・照会方法
基準価額は、委託会社の営業日において日々算出されます。
基準価額は、販売会社または委託会社にお問い合わせいただけるほか、原則として翌日付の日本経済新聞朝刊の証券欄「オープン基準価格」の紙面に、「Jアジア年2」として掲載されます。
委託会社に対する照会は下記においてできます。
照会先の名称電話番号※インターネット・
ホームページ・アドレス
三井住友アセットマネジメント株式会社0120-88-2976http://www.smam-jp.com
※お問い合わせは、原則として営業日の午前9時~午後5時までとさせていただきます。