無形固定資産

当サイト上における無形固定資産は、有価証券報告書にて報告される無形固定資産合計をそのまま用いています。

主な勘定科目

特許権
特許取得のための費用。
商標権
商標登録のための費用。
ソフトウエア
市場販売目的及び自社利用のソフトウエア。受注製作のソフトウエアは資産計上されるとしてもたな卸資産。
仮勘定
製作途中のソフトウエア。
のれん
企業買収・合併の際に発生する買収価格と時価評価純資産との差額。知名度、ブランド、技術力など無形なものに対するプレミアム分への投資額。

備考

市場販売目的のソフトウエア
プロトタイプまでは研究開発費、その後の改良強化に要した費用は無形固定資産。ただし、著しい改良は研究開発費(新しいプロトタイプ製作とみなされる)。機能維持は原価。
製品としてのソフトウエアの製作原価は、たな卸資産として資産計上、販売時に売上原価。
自社利用のソフトウエア
将来の収益獲得又は費用の削減が確実である場合は資産計上。確実でないなら費用計上。