勘定科目

その他純資産

  • 純資産のうち、株主資本でないもの

当サイト上におけるその他純資産は、純資産から株主資本を減じて算出しています。

主な勘定科目

その他有価証券評価差額金
売買目的でない有価証券の評価差額(時価と簿価の差額)の合計額。税効果会計の対象。
繰延ヘッジ損益
ヘッジ会計を適用している対象に対するヘッジ手段(デリバティブ=金融派生商品など)の損益を、ヘッジ対象の損益が確定するまで繰越しているもの。
新株予約権
新たに発行する株式取得の予約権。あらかじめ行使価格が決められる。
非支配株主持分
子会社の資本のうち、非支配株主(親会社以外)に帰属する部分。

備考

少数株主持分
非支配株主持分に名称変更。
税効果会計
その他有価証券評価差額金に対する税効果会計は、評価差額に対する税金分を算出し、その税金分は「繰延税金資産(評価差額がマイナスの場合)」または「繰延税金負債(評価差額がプラスの場合)」に計上される。