勘定科目

当座比率

  • 短期的な支払い能力を測る指標
  • 当座資産は資産の中でも特に換金性の高いものをいう
  • 換金性の高い資産で流動負債を賄えているかどうか
  • 流動比率より厳密な短期的支払い能力をあらわす
  • 高ければ高いほど安全
  • 100%以上が望ましいが、業種間でばらつきあり

当座比率=当座資産÷流動負債×100

備考

当座資産=現金預金+受取手形+売掛金+有価証券
全産業平均で80%程度だが業種間でばらつきがあり、不動産業や宿泊業などは60%を下回る水準