4044 セントラル硝子

4044
2021/09/17
時価
964億円
PER 予
25.95倍
2010年以降
6.28-233.86倍
(2010-2021年)
PBR
0.54倍
2010年以降
0.36-0.97倍
(2010-2021年)
配当 予
3.34%
ROE 予
2.09%
ROA 予
1.21%
資料
Link
CSV,JSON

機械装置及び運搬具(純額)

【期間】

連結

2008年3月31日
345億5000万
2009年3月31日 -6.52%
322億9600万
2010年3月31日 -4.38%
308億8300万
2011年3月31日 -17.77%
253億9600万
2012年3月31日 -5.62%
239億6900万
2013年3月31日 +44.75%
346億9400万
2014年3月31日 -0.71%
344億4900万
2015年3月31日 +4.75%
360億8700万
2016年3月31日 +3.31%
372億8100万
2017年3月31日 +13.01%
421億3000万
2018年3月31日 +8.64%
457億6800万
2019年3月31日 +11.71%
511億2700万
2020年3月31日 -0.14%
510億5400万
2021年3月31日 -15.54%
431億1800万

有報情報

#1 リース取引関係、連結財務諸表(連結)
① リース資産の内容
主として生産設備(機械装置及び運搬具)であります。
② リース資産の減価償却の方法
2021/06/29 11:38
#2 会計方針に関する事項(連結)
建物及び構築物 2~60年
機械装置及び運搬具 2~22年
② 無形固定資産 ………………… 定額法
2021/06/29 11:38
#3 減損損失に関する注記(連結)
前連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
場所用途種類減損損失(百万円)連結損益計算書上の計上科目
山口県 宇部市 他遊休資産建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地 他150減損損失
--のれん 他51事業構造改善費用
当社グループは、原則として、事業用資産については事業部門を基礎とした事業の関連性により、また遊休資産等については個別物件単位でグルーピングを行っております。
将来の使用が見込まれていない遊休資産等に関して、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は使用価値により測定し、将来キャッシュ・フローが見込まれないため、帳簿価額を備忘価額まで減額しております。
2021/06/29 11:38