4044 セントラル硝子

4044
2021/09/17
時価
964億円
PER 予
25.95倍
2010年以降
6.28-233.86倍
(2010-2021年)
PBR
0.54倍
2010年以降
0.36-0.97倍
(2010-2021年)
配当 予
3.34%
ROE 予
2.09%
ROA 予
1.21%
資料
Link
CSV,JSON

環境対策引当金

【期間】

連結

2008年3月31日
1億8200万
2009年3月31日 -1.1%
1億8000万
2010年3月31日 ±0%
1億8000万
2011年3月31日 +11.67%
2億100万
2012年3月31日 -17.91%
1億6500万
2013年3月31日 -11.52%
1億4600万
2014年3月31日 +5.48%
1億5400万
2015年3月31日 -5.19%
1億4600万
2016年3月31日 -0.68%
1億4500万
2017年3月31日 ±0%
1億4500万
2018年3月31日 -89.66%
1500万
2019年3月31日 +26.67%
1900万
2020年3月31日 +15.79%
2200万
2021年3月31日 +63.64%
3600万

個別

2008年3月31日
1億4600万
2009年3月31日 ±0%
1億4600万
2010年3月31日 ±0%
1億4600万
2011年3月31日 +13.01%
1億6500万
2012年3月31日 -11.52%
1億4600万
2013年3月31日 -2.05%
1億4300万
2014年3月31日 +4.9%
1億5000万
2015年3月31日 -3.33%
1億4500万
2016年3月31日 ±0%
1億4500万
2017年3月31日 ±0%
1億4500万
2018年3月31日 -89.66%
1500万
2019年3月31日 ±0%
1500万
2020年3月31日 +46.67%
2200万
2021年3月31日 +63.64%
3600万

有報情報

#1 会計方針に関する事項(連結)
環境対策引当金 ……………… ポリ塩化ビフェニル(PCB)の処分に関する支出に備えるため、合理的
な見積額を計上しております。
(4)退職給付に係る会計処理の方法
① 退職給付見込額の期間帰属方法
退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
② 数理計算上の差異の費用処理方法
数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として13年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
③ 小規模企業などにおける簡便法の採用
一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
(5)重要な収益及び費用の計上基準
完成工事高及び完成工事原価の計上基準
当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事契約については工事進行基準を適用し、その他の工事契約については、工事完成基準を適用しております。
なお、工事進行基準を適用する工事の当連結会計年度末における進捗度の見積りは、原価比例法によっております。
(6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
なお、在外子会社等の資産・負債は、決算日の直物為替相場、収益及び費用は、期中平均為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
(7)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
原則として、繰延ヘッジ処理によっております。
なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。
② ヘッジ手段とヘッジ対象
イ.ヘッジ手段:コモディティ・スワップ取引
ヘッジ対象:燃料油
ロ.ヘッジ手段:金利スワップ
ヘッジ対象:借入金
③ ヘッジ方針
債権債務、実需の範囲内での取引に限定し、将来の金利・為替・商品価格等の変動リスク回避のためのヘッジを目的としており、投機目的の取引は行っておりません。
④ ヘッジ有効性評価の方法
ヘッジ対象の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計とを四半期毎に比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジ有効性を評価しております。ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
(8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)の範囲
手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
(9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
① 消費税等の会計処理方法
税抜方式を採用しております。
② 連結納税制度の適用
連結納税制度を適用しております。
③ 連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
当社及び一部の国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。2021/06/29 11:38
#2 引当金明細表(連結)
(単位:百万円)
科目当期首残高当期増加額当期減少額当期末残高
事業構造改善引当金1,229-2241,005
環境対策引当金2215136
顧客補償等対応費用引当金5-5-
2021/06/29 11:38
#3 重要な会計方針、財務諸表(連結)
環境対策引当金………………………… ポリ塩化ビフェニル(PCB)の処分に関する支出に備えるため、合理的な見積額を計上しております。
4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
ます。
(2)ヘッジ会計の処理
原則として繰延ヘッジ処理によっております。
なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。
(3)消費税等の会計処理方法
税抜方式を採用しております。
(4)連結納税制度の適用
連結納税制度を適用しております。
(5)連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。2021/06/29 11:38