7725 インターアクション

閲覧
Link

平成31年5月期通期連結業績予想の修正、通期個別業績予想の公表及び配当予想の修正に関するお知らせ

【提出】
2019年1月11日 17:00
【資料】
平成31年5月期通期連結業績予想の修正、通期個別業績予想の公表及び配当予想の修正に関するお知らせ
【修正】
連結 : 業績予想の修正
単位 : 百万円
勘定科目自 2018年6月1日
至 2019年5月31日
業績予想の修正について
売上高
前回予想6,148
予想7,158
増減額1,010
増減率+16.4%
前期実績6,009
営業利益
前回予想1,001
予想1,421
増減額419
増減率+41.9%
前期実績1,006
経常利益
前回予想1,010
予想1,401
増減額391
増減率+38.7%
前期実績988
当期純利益
前回予想606
予想895
増減額288
増減率+47.6%
前期実績686
1株当たり当期純利益
前回予想64.33
予想93.83
前期実績72.58
個別 : 業績予想の修正
単位 : 百万円
勘定科目自 2018年6月1日
至 2019年5月31日
業績予想の修正について
売上高
前回予想
予想4,112
増減額1,147
増減率+38.7%
前期実績
営業利益
前回予想
予想1,148
増減額363
増減率+46.2%
前期実績
経常利益
前回予想
予想1,355
増減額464
増減率+52.1%
前期実績
当期純利益
前回予想
予想950
増減額254
増減率+36.5%
前期実績
1株当たり当期純利益
前回予想
予想99.6
前期実績

業績予想修正の理由

修正の理由)主に、IoT関連事業におけるCCD及びCMOSイメージセンサ※向け検査用光源装置、瞳モジュールの販売先が積極的な設備投資を行っており、想定以上の発注を頂いております。
これにより、通期における売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益が、平成30年10月12日に公表いたしました業績予想を上回る見込みとなったためであります。※イメージセンサ:光を電気信号に変換する半導体。電気信号の伝達方法によりCCDやCMOSなどの種類がある。新たに予想することとなった理由)「1.通期連結業績予想の修正(修正の理由)」と同様の理由により、通期における売上高、営業利益、経常利益及び当期純利益が増加する見込みとなったためであります。