2674 ハードオフコーポレーション

有報資料
27項目
Link
CSV,JSON

四半期報告書-第43期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

【提出】
2015/02/12 11:41
【資料】
PDFをみる
【項目】
27項目
(セグメント情報等)
【セグメント情報】
Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成25年4月1日 至 平成25年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント調整額
(注)1
四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2
リユース事業FC事業合計
売上高
外部顧客への売上高8,954,522982,8069,937,328-9,937,328
セグメント間の内部売上高又は振替高-----
8,954,522982,8069,937,328-9,937,328
セグメント
利益
1,247,042623,1371,870,180△777,6541,092,526

(注)1.セグメント利益の調整額△777,654千円は各報告セグメントに配分していない全社費用の金額であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの資産に関する情報
当第3四半期連結会計期間において、株式会社ビッグアルファ(新名称:株式会社ハードオフファミリー)、有限会社ビッグファムおよび福岡無線株式会社の株式を取得し、新たに連結の範囲に含めております。これにより、前連結会計年度の末日に比べ、当第3四半期連結会計期間の報告セグメントの資産の金額は、「リユース事業」において、1,874,175千円増加しております。
3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失またはのれん等に関する情報
(のれんの金額の重要な変動)
リユース事業セグメントにおいて、株式の取得により新たに株式会社ビッグアルファ(新名称;株式会社ハードオフファミリー)、有限会社ビッグファムおよび福岡無線株式会社を連結子会社としたことにともない、のれんが発生しております。なお、当該事象によるのれんの増加額は、当第3四半期連結累計期間において322,001千円であります。
Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年12月31日)
1.報告セグメントごとの売上高および利益または損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント調整額
(注)1
四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2
リユース事業FC事業合計
売上高
外部顧客への売上高11,375,3731,033,78912,409,162-12,409,162
セグメント間の内部売上高又は振替高-122,745122,745△122,745-
11,375,3731,156,53512,531,908△122,74512,409,162
セグメント
利益
1,243,413710,8931,954,307△806,4921,147,814

(注)1.セグメント利益の調整額△806,492千円は、セグメント間取引消去32,104千円、各報告セグメントに配分していない全社費用△838,596千円であります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失またはのれん等に関する情報
該当事項はありません。