1662 石油資源開発

1662
2019/05/24
時価
1317億円
PER 予
11.54倍
2010年以降
赤字-128.52倍
(2010-2019年)
PBR
0.38倍
2010年以降
0.28-1.13倍
(2010-2019年)
配当 予
1.74%
ROE 予
3.3%
ROA 予
1.74%
資料
Link
CSV,JSON

短期貸付金

【期間】
  • 通期

連結

2010年3月31日
285億3400万
2011年3月31日 -15.58%
240億8700万
2012年3月31日 +63.14%
392億9500万
2013年3月31日 -20.05%
314億1800万
2014年3月31日 -55.98%
138億3100万
2015年3月31日 -0.15%
138億1000万
2016年3月31日 -99.8%
2800万
2017年3月31日 +999.99%
43億4800万
2018年3月31日 +48.32%
64億4900万
2019年3月31日 -29.06%
45億7500万

個別

2009年3月31日
204億6600万
2010年3月31日 +39.23%
284億9400万
2011年3月31日 -15.78%
239億9700万
2012年3月31日 +45.82%
349億9300万
2013年3月31日 -22.84%
269億9900万
2014年3月31日 -66.67%
90億
2015年3月31日 -0.01%
89億9900万
2016年3月31日 -99.99%
100万
2017年3月31日 -100%
0

有報情報

#1 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べ47,200百万円減少し、699,539百万円となりました。
流動資産は、前連結会計年度末に比べ7,943百万円の増加となりました。これは、現金及び預金や短期貸付金が増加したことなどによるものであります。固定資産は、前連結会計年度末に比べ55,143百万円の減少となりました。これは、投資有価証券は時価の上昇などにより増加しましたが、有形固定資産において前述のJMLの事業用資産の減損損失計上、並びに投資その他の資産のその他に含めている生産物回収勘定において回収が進んだことにより減少したことなどによるものであります。
負債合計は、前連結会計年度末に比べ6,201百万円増加し、242,331百万円となりました。
2018/06/28 15:58
#2 金融商品関係、連結財務諸表(連結)
前連結会計年度(平成29年3月31日)
連結貸借対照表計上額(百万円)時価(百万円)差額(百万円)
(2) 受取手形及び売掛金28,28328,283-
(3) 短期貸付金4,3484,348-
(4) 有価証券及び投資有価証券130,936134,9964,059
(*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目については ( ) で示しております。
当連結会計年度(平成30年3月31日)
2018/06/28 15:58