三菱UFJニコス

有報資料
111項目

有価証券報告書-第9期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

【提出】
2016/06/28 14:59
【資料】
PDFをみる
【項目】
111項目
(税効果会計関係)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成27年3月31日)
当連結会計年度
(平成28年3月31日)
(繰延税金資産)
貸倒引当金及び貸倒償却85,20131,999
利息返還損失引当金11,85114,514
投資有価証券911680
減損損失959809
退職給付に係る負債147158
賞与引当金1,0921,033
ギフトカード回収損失引当金1,6591,481
ポイント引当金1,9931,967
繰越欠損金64,906112,454
その他4,9635,286
繰延税金資産小計173,687170,387
評価性引当額△132,034△151,014
繰延税金資産合計41,65219,372
(繰延税金負債)
その他有価証券評価差額金△559△261
退職給付に係る資産△935△650
その他△80△62
繰延税金負債合計△1,574△974
繰延税金資産の純額40,07718,397

2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
前連結会計年度
(平成27年3月31日)
当連結会計年度
(平成28年3月31日)
法定実効税率35.6%―%
(調整)
評価性引当額による影響△42.2
欠損金の繰越控除限度額引下げによる影響8.4
税率変更による期末繰延税金資産の減額修正21.0
その他△0.3
税効果会計適用後の法人税等の負担率22.5

(注)当連結会計年度は、税金等調整前当期純損失であるため、記載は省略しております。
3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立したことに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前連結会計年度の32.3%から回収又は支払が見込まれる期間が平成28年4月1日から平成30年3月31日までのものは30.9%、平成30年4月1日以降のものについては30.6%にそれぞれ変更されております。
その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が897百万円減少し、当連結会計年度に計上された法人税等調整額が901百万円、その他有価証券評価差額金が14百万円、それぞれ増加し、退職給付に係る調整累計額が11百万円減少しております。