3896 阿波製紙

有報資料
158項目
Link
CSV,JSON

有価証券報告書-第105期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

【提出】
2019/06/27 10:22
【資料】
PDFをみる
【項目】
158項目

税効果会計関係

(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
前事業年度
(2018年3月31日)
当事業年度
(2019年3月31日)
繰延税金資産
繰越欠損金244,781千円203,887千円
減損損失217,190196,524
関係会社出資金評価損422,632422,632
貸倒引当金35,0509,770
未払固定資産税15,48515,332
賞与引当金74,44373,833
退職給付引当金208,916230,997
たな卸資産評価損3,57515,734
その他47,82843,348
繰延税金資産小計1,269,9061,212,060
税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額-△170,849
将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額-△539,503
評価性引当額小計△624,988△710,352
繰延税金資産合計644,917501,708
繰延税金負債
その他有価証券評価差額金△7,149△1,138
繰延税金負債合計△7,149△1,138
繰延税金資産の純額637,767500,569
再評価に係る繰延税金資産
土地再評価差額金5,1735,173
評価性引当額△5,173△5,173
再評価に係る繰延税金資産の合計--
再評価に係る繰延税金負債
土地再評価差額金△373,873△373,873
再評価に係る繰延税金負債の合計△373,873△373,873
再評価に係る繰延税金負債の純額△373,873△373,873

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
た主要な項目別の内訳
前事業年度
(2018年3月31日)
当事業年度
(2019年3月31日)
法定実効税率-30.5
(調整)
交際費等永久に損金とならない項目-0.9
受取配当金等永久に益金とならない項目-△3.5
試験研究費等税額控除-△2.2
評価性引当額の増減-23.8
住民税均等割-1.7
その他-0.9
税効果会計適用後の法人税等の負担率-52.1

(注)前事業年度は、税引前当期純損失を計上しているため記載しておりません。