有価証券報告書-第97期(平成27年1月1日-平成27年12月31日)

【提出】
2016/03/31 10:02
【資料】
PDFをみる
【項目】
119項目
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
前事業年度
(平成26年12月31日)
当事業年度
(平成27年12月31日)
(繰延税金資産)
特別修繕引当金損金算入限度超過額
減価償却費損金算入限度超過額
たな卸資産評価損
投資有価証券評価損
長期前払費用
事業場閉鎖損失引当金
その他
繰延税金資産小計
評価性引当額
繰延税金資産合計
10,466百万円
7,533
2,103
1,713
858
-
1,225
23,902
△2,026
21,875
9,983百万円
5,357
2,593
1,466
629
340
1,304
21,676
△1,759
19,916
(繰延税金負債)
その他有価証券評価差額金
特別償却準備金
その他
繰延税金負債合計
繰延税金資産の純額
△7,145
△479
△48
△7,674
14,201
△8,850
△262
-
△9,112
10,804

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
前事業年度
(平成26年12月31日)
当事業年度
(平成27年12月31日)
提出会社の法定実効税率
(調整)
受取配当金等の益金不算入
評価性引当額
交際費等の永久差異
試験研究費の税額控除
外国源泉税額
税率変更等による繰延税金資産の減少額
その他
税効果会計適用後の法人税等の負担率
35.4%
△13.8
0.0
0.5
△1.8
-
-
△0.3
20.0
35.4%
△19.7
△1.4
1.1
△0.8
2.3
10.1
0.0
27.0

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.4%から、平成28年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については32.9%に、平成29年1月1日から開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については32.1%になります。
この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は979百万円減少し、法人税等調整額が1,880百万円、その他有価証券評価差額金が909百万円、それぞれ増加し、繰延ヘッジ損益が9百万円減少しています。