有価証券報告書-第100期(平成25年4月1日-平成26年3月31日)

【提出】
2014/06/27 13:44
【資料】
PDFをみる
【項目】
117項目

財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

(1)経営成績の分析
当連結会計年度の売上高は、1,173億55百万円、営業利益64億70百万円、経常利益65億1百万円、当期純利益35億64百万円となりました。当連結会計年度の業績の概要につきましては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (1) 業績」に記載した通りであります。
前連結会計年度(A)当連結会計年度(B)比較増減(B-A)
金額
(百万円)
売上比
(%)
金額
(百万円)
売上比
(%)
金額
(百万円)
売上比
(%)
売上高111,275100117,3551006,080-
売上総利益26,20323.526,97623.0772△ 0.5
営業利益6,5585.96,4705.5△87△ 0.4
経常利益6,5215.96,5015.5△20△ 0.4
税金等調整前当期純利益6,3375.76,5265.6188△ 0.1
当期純利益4,0393.63,5643.0△475△ 0.6

(2)財政状態の分析
(資産、負債及び純資産の状況)
当連結会計年度末の資産につきましては、現預金、売上債権、棚卸資産、有形固定資産、投資有価証券などの増加により前連結会計年度末に比べ76億10百万円増加し1,075億83百万円となり、負債につきましては、法人税等の納付による未払法人税等の減少などはありましたが、有利子負債の増加などにより、前連結会計年度末に比べ10億52百万円増加し408億5百万円となりました。
純資産につきましては、配当金の支払により利益剰余金の減少があったものの、当期純利益35億64百万円や為替換算調整勘定が33億66百万円増加したことなどにより、前連結会計年度末に比べ65億58百万円増加し667億77百万円となりました。
(キャッシュ・フローの状況)
当連結会計年度のキャッシュ・フローの概要につきましては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2) キャッシュ・フロー」に記載した通りであります。
なお、当社グループのキャッシュ・フロー指標等のトレンドは、下記の通りであります。
24年3月期25年3月期26年3月期
自己資本比率(%)56.459.361.1
時価ベースの自己資本比率(%)41.451.651.3
キャッシュ・フロー対有利子負債比率(%)1,095.4283.0508.4
インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)5.027.916.8

自己資本比率:自己資本÷総資産
時価ベースの自己資本比率:株式時価総額÷総資産
キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債÷キャッシュ・フロー
インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー÷利払い
(注)1.いずれも連結ベースの財務数値により算出している。
2.株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算している。
3.キャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローを利用している。
4.有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っているすべての負債を対象と
している。