6753 シャープ

【臨時報告書】2016/05/24 17:08提出

提出理由close

当社は、アルマザン・アチャテス・ファデラ氏ほか36名より津地方裁判所にて訴訟の提起を受け、平成28年5月23日に当該訴訟に係る訴状の送達を受けましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

訴訟の提起又は解決close

(1)当該訴訟の提起があった年月日
平成28年4月15日(訴状送達日 平成28年5月23日)
(2)当該訴訟を提起した者の氏名及び住所
第1原告
①氏 名アルマザン・アチャテス・ファデラ
②住 所三重県松阪市

第2原告
①氏 名セロサ・アリエル・アプラカドール
②住 所三重県松阪市

第3原告
①氏 名バカルソ・レジーナ・カントタイ
②住 所三重県松阪市

第4原告
①氏 名カランバ・アデーラ・グイリガイ
②住 所三重県松阪市

第5原告
①氏 名カランバ・ジェド・アバーデ
②住 所三重県松阪市

第6原告
①氏 名ディーゾン・ジェリミー・ムト
②住 所三重県松阪市

第7原告
①氏 名エステバン・ロランド・インシエルト
②住 所三重県松阪市

第8原告
①氏 名ガラド・デリア・フェンテス
②住 所三重県松阪市

第9原告
①氏 名ガラド・ロメオ・ビオング
②住 所三重県松阪市


第10原告
①氏 名イガラシ・アルマ・フラド
②住 所三重県松阪市

第11原告
①氏 名ラスチモーサ・アントニー・ヴィラリコ
②住 所三重県松阪市

第12原告
①氏 名ラスチモーサ・モナリサ・ゴロ
②住 所三重県松阪市

第13原告
①氏 名マンガロンゾ・ジョハン・オーストリア
②住 所三重県松阪市

第14原告
①氏 名ナバラ・ロウェナ・オチダ
②住 所三重県松阪市

第15原告
①氏 名パシーノ・リンボ・ジョージ・デンシング
②住 所三重県松阪市

第16原告
①氏 名シエンブラ・エドナ・タケダ
②住 所三重県松阪市

第17原告
①氏 名タンビス・アンディ・サンピロ
②住 所三重県松阪市

第18原告
①氏 名タンビス・デリア・サトウ
②住 所三重県松阪市

第19原告
①氏 名ヤマモト・ジョイ・バガレス
②住 所三重県松阪市

第20原告
①氏 名ガルシア・ラキエル・マンガロンゾ
②住 所三重県松阪市

第21原告
①氏 名アカス・ネヴィリン・サバナル
②住 所三重県松阪市


第22原告
①氏 名ボラニオ・チェリー・メイ・コルドゥバ
②住 所三重県松阪市

第23原告
①氏 名セノン・オフェーリア・バトゥラン
②住 所三重県松阪市

第24原告
①氏 名ポンポン・ダンディ・イウォン
②住 所三重県松阪市

第25原告
①氏 名ディゾン・アマド・コンティリオ
②住 所三重県松阪市

第26原告
①氏 名エスパビッラ・メラニー・セロサ
②住 所三重県松阪市

第27原告
①氏 名グルー・ナルシソ・ロメラ
②住 所三重県松阪市

第28原告
①氏 名レリバー・リコ・フェンテス
②住 所三重県松阪市

第29原告
①氏 名エドゥランテス・サルバー・ナカガワ
②住 所三重県松阪市

第30原告
①氏 名ティロル・ジョーネル・デュワイ
②住 所三重県松阪市

第31原告
①氏 名ヤタ・レオニーロ・ルデミオ
②住 所三重県松阪市

第32原告
①氏 名アカス・ニール・ブレント・サバナル
②住 所三重県松阪市


第33原告
①氏 名エスポーラ・ロネル・ジェイ・カルクイヴァ
②住 所三重県松阪市

第34原告
①氏 名ゲリカニア・ジョナサン・デルガード
②住 所三重県松阪市

第35原告
①氏 名アバデ・ジョエル・アベルガス
②住 所三重県松阪市

第36原告
①氏 名ブスティロ・モセス・ジェド・ネバリーザ
②住 所三重県松阪市

第37原告
①氏 名ロメダ・カズ・ヒデ
②住 所三重県松阪市

(3)当該訴訟の内容及び損害賠償請求金額
①訴訟の原因及び提起に至った経緯
訴状によれば、原告らは、被告株式会社ジーエル(以下、「ジーエル」という。)または被告株式会社TOP ONE GL(以下、「TOP ONE GL」という。)と雇用契約を締結し、当社の三重工場で就労してきた労働者であり、平成27年7月に解雇通知を受けたことに対し、解雇の無効を主張するとともに、解雇無効を前提とした未払い賃金の支払いを被告ジーエル、被告TOP ONE GL及び被告株式会社ミエテック(以下、「ミエテック」という。)に対し求め、かつ原告らが被った精神的苦痛による慰謝料の支払いを、当社を含む全被告に対し求めているものです。
②訴訟の内容
地位確認請求、未払賃金請求、及び損害賠償請求
③請求額
被告ジーエル、被告TOP ONE GL及び被告ミエテックに対する請求:
未払賃金合計1億3,955万6,250円
当社を含む全被告に対する請求:
慰謝料合計3,700万円
(4)当社の対応
当社は、訴状の内容を精査した上で、適切に対応してまいります。
以 上

Page Top

当サイトが提供する情報は証券投資の勧誘を意図するものではありません。
当サイトを利用しての情報収集・投資判断は皆様の自己責任により行われますようお願い致します。
掲載内容への改善要望、間違いの指摘などがありましたら、ご意見フォームからお聞かせください。