6753 シャープ

【臨時報告書】2015/11/17 17:00提出

提出理由close

当社は、株式会社三和コーポレーションより大阪高等裁判所において控訴の提起を受け、平成27年11月13日に当該控訴に係る控訴状の送達を受けましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

訴訟の提起又は解決close

(1)当該控訴の提起があった年月日
平成27年9月11日(控訴状受領日 平成27年11月13日)
(2)当該控訴を提起した者の名称、住所及び代表者の氏名
①名 称 株式会社三和コーポレーション
②住        所    大阪府豊中市小曽根三丁目9番14号
③代表者の氏名    代表取締役 渡部 一二
(3)当該控訴の内容及び損害賠償請求金額
①控訴の原因及び提起に至った経緯
当社が製造するMPEGモジュール(デジタル放送の映像信号・音声信号の復元等を行う電子デバイス)を 搭載した液晶テレビに不具合が生じた責任が当社を含む2社にあるとして、株式会社三和コーポレーション(株式会社三和家電販売を吸収合併)より、平成25年2月19日付で大阪地方裁判所に損害賠償(請求金額1億2,378万1,893円及び遅延損害金)を求める訴訟が提起されておりました。
平成27年8月28日大阪地方裁判所において第一審の判決の言い渡しがあり、判決では、株式会社三和コーポレーションの請求は棄却されました。
これに対して、株式会社三和コーポレーションがこの判決を不服として、大阪高等裁判所に対し、控訴を提起したものです。
②控訴の内容及び損害賠償請求金額
株式会社三和コーポレーションは、原判決を変更し、当社を含む2社が株式会社三和コーポレーションに対して、損害賠償として7,625万5,061円及び遅延損害金を支払うよう求めております。
(4)当社の対応
当社は、控訴の内容を精査した上で、適切に対応してまいります。
以 上

Page Top

当サイトが提供する情報は証券投資の勧誘を意図するものではありません。
当サイトを利用しての情報収集・投資判断は皆様の自己責任により行われますようお願い致します。
掲載内容への改善要望、間違いの指摘などがありましたら、ご意見フォームからお聞かせください。