6753 シャープ

【臨時報告書】2016/07/26 17:00提出

提出理由close

当社の子会社であるSharp Electronics (Europe) GmbH(以下、「SEEG」という。)は、原告よりトルコのイスタンブールにおける商事裁判所にて訴訟の提起がなされ、SEEGに対して訴状の送達がありましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第14号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。

連結子会社に対する訴訟の提起又は解決close

(1)当該連結子会社の名称、住所及び代表者の氏名
①名称             Sharp Electronics (Europe) GmbH
②住所             Sonninstrasse 3, 20097 Hamburg,Germany
③代表者の氏名     河村 哲治、伊藤 弘宣、D.Woodward、W.Konertz
(2)当該訴訟の提起があった年月日
平成27年7月15日(当社子会社に対する訴状送達日 平成28年7月12日)
(3)当該訴訟を提起した者の名称、住所及び代表者の氏名
①名称             Digicom Elektronik Pazarlama A. S.
②住所             Dereboyu Cad. No:11 Halkali Istanbul, Turkey
③代表者の氏名     不明
(4)当該訴訟の内容及び損害賠償請求金額
①訴訟の原因及び提起に至った経緯
原告は、原告とSEEGとの間で締結したトルコにおけるテレビ事業に関する契約をSEEGが終了させたことにより投資費用の損失や信用毀損等の損害を被ったとして、当社、SEEG及び欧州における液晶テレビの販売において当社ブランドをライセンスされたUniversal Media Corporation/Slovakia/s.r.o(以下、「U.M.C」という。)に対し、損害賠償を求めているものです。
②訴訟の内容及び損害賠償請求金額
原告は、当社、SEEG及びU.M.Cに対して、100万トルコリラ(日本円にして3,485万円。1トルコリラ34.85円[平成28年7月25日時点]で換算)の損害賠償等を請求しております。
(5)当社子会社の対応等
訴状の内容を精査した上で、適切に対応してまいります。
なお、当社は、本臨時報告書提出時点で訴状の送達を受けておりません。
以 上

Page Top

当サイトが提供する情報は証券投資の勧誘を意図するものではありません。
当サイトを利用しての情報収集・投資判断は皆様の自己責任により行われますようお願い致します。
掲載内容への改善要望、間違いの指摘などがありましたら、ご意見フォームからお聞かせください。